駐在妻の英語勉強日誌ー目指せ金融翻訳者ー

駐在妻3年目。ゼロから金融翻訳者を目指します。

2020年の翻訳コンテスト・資格受験計画

根が怠けものなもんで…

 

計画立てないと

なんにもやらない。

それが私\(^o^)/

 

 

だって勉強大嫌いヽ(^。^)ノ

 

 

そんな訳で

1年の受験計画を立ててみた!

 

1月  休み(骨盤グラグラでまだ座れない)

2月  斉木学園英日英語検定(2/6〆)

        斉木学園英日翻訳コンテスト(2/20〆)

3月  翻訳実務検定TQE(3/6〜3/11)

        斉木学園英日英語検定(4/9〆)

4月  定例トライアル(ビジネス)(4/20〆)

        斉木学園英日英語検定(5/7〆)

5月  定例トライアル(金融)(5/20〆)

        斉木学園英日翻訳コンテスト(6/4〆)

6月  翻訳実務検定TQE(6/5〜6/10)

        斉木学園英日翻訳コンテスト(6/25〆)

7月  上旬夏休み(PC環境なし)

        翻訳トライアスロン(フィクション)(7/24〆)

8月  定例トライアル(ビジネス)(8/20〆)

        翻訳トライアスロン(字幕)(8/25〆)

9月  翻訳実務検定TQE(9/4〜9/9)

        翻訳トライアスロン(9/25〆)

10月定例トライアル(金融)(10/20〆)

11月斉木学園日英英語検定(11/12〆)

        斉木学園英日翻訳コンテスト(11/26〆)

12月翻訳実務検定TQE(12/4〜12/9)

        定例トライアル(ビジネス)(12/18〆)

 

 

 

 

斉木学園はオンラインの翻訳コンテストを主催してるサイト。

初心者向けの検定と、

上級者向けのコンテストがある。

それぞれ英日、日英があり締切まで約2週間。

添削なしで1回1000円。

添削ありが2000円。

 

 

定例トライアルと翻訳トライアスロンは会員サイト『アメリア』の企画。

応募にはアメリアの会員にならないといけない。

定例トライアルは1回1500円。

翻訳トライアスロンは何回でも3000円。

定例トライアルの成績優秀者にはクラウン会員資格が与えられ、この資格があれば未経験でも翻訳会社のトライアルが受けられたり、スカウトがきたりする。

 

 

翻訳実務検定TQEはサンフレア主催の検定。

70点以上で合格、だかかなり難しい。

年4回。

受験料9900円。

オンラインで在宅受験。

3級以上の合格者はサンフレアの登録翻訳者になれる。

過去問がオンラインで購入可能。

 

 

 

必要な費用は

斉木学園 8回  8000円

TQE 4回  39600円

TQE過去問 4年分 5000円

アメリア会費 16500円

定例トライアル 5回  8250円

翻訳トライアスロン 3300円

アメリア入会金については無料の月を狙って入会する予定。入会が間に合わなかったら、その月は代わりに斉木学園のコンテストに応募予定。

 

必要経費80,650円!

 

うっひゃー

結構小遣い吹っ飛ぶなー

その分真面目に頑張らないとね(≧∇≦)b

 

 

 

うちには今幼児と乳児がいるけど

幼児は鋼の肉体を持ってて

まず滅多に風邪を引かないのでナーサリーや学校を休むことはまず無い。

他の子がインフルとか手足口病とかでバタバタ倒れる中でもピンピンしてる超健康優良児。

 

 

乳児はまだ保育施設とか行かないから風邪とかなかなかもらわないと思う。

だから子どもの病気で予定がこなせない

ということはあまり無いはず。

 

 

なので試されるのは私のやる気(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

 

 

ただし今はとりあえず椅子に座れる位の体力を取り戻さねば(。>﹏<。)

フェローアカデミー、マスター講座の結果!!!

結果

 

 

不合格!!!

 

 

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

 

 

あじゃぱー

前回ブログであんなに悩んでブチかましてたのに

恥っず///(*⊃ω⊂*)///

 

 

 

やっぱり細かい解釈と

それを表現するだけの

日本語能力が欠如してるよ!

 

一言でいうと

翻訳経験が足りなすぎ!

 

 

だから注意点がよくわからない。

講評読んでもよくわかんない( ;∀;)

 

 

 

落ちちゃったものはしょーがないので

今後は浮いたお金をほんやく検定&TQEにぶち込もーと思いまっす。

 

 回数こなして

経験値積まないとねー。

 

 

 

 

まだまだ諦めないよ!

 

 

【1月1週目】あすなろタラレバメンタルを卒業する

勉強時間

13時間1分

 

 

精神がだれたママ戻らず。

気を引き締めマス。

 

 

 

 

受講のための課題を提出したくせに、

今更受講を迷い始めた先週(^o^;

 

 

受講料は8万9千えん

出処は小遣いから。

うちは日本円で小遣いが支給されてて、これで服、靴、髪、基礎化粧品、実家とのお出かけ、などなど帰国時の個人的な支出を賄ってる。

 

資格系勉強系については応相談。

投資になるなら家計から。

投機になるなら小遣いから。

 

 

フェローの講座は

投機かなって。

小遣いから出すつもりしてた。

 

 

でもここに来て物欲が爆発しちゃって。

お小遣いが惜しくて

迷い始めた。

 

 

効果がないとは思わないけど、

高すぎて(ToT)

 

そこに更に夫の

子どもが小学生になったとき

暇を持て余さないために働くんでしょう?

発言に心折れ…

 

 

 

ちゃうわい。

お金が足りないから働くんじゃい。

夫の会社経営傾いてて

もう都内で家族4人それなりの生活水準を

維持できないから働くんじゃい。

 

 

具体的には夫の給料だけでは

外食不可、旅行不可、習い事不可。

 

ついでに言うと新幹線の距離な

私の実家への帰省も不可。

 

 

と言うと夫はめそめそしてたけど、

会社が凄い勢いで傾いてるのは

夫に責任がある訳ではないので

めそめそは止めて

現実を受け入れて

働く気になってる妻のやる気を削がないで欲しいんだけどな。

 

 

 

しかし背後から味方が撃ってくる状態で本当に帰国後子ども2人抱えて働けるんかいな(ーー;)

と一旦私の勉強へのやる気は削がれたんだけど

 

 

ここでハタ、と気づいた。

 

働くのは帰国後、と自分でルートを制限してることに。

 

 

よく考えたらこれって私の嫌いな

あすなろ、タラレバメンタリティじゃないか!?

 

 

いつか翻訳の仕事したいなーって

いう明日なろうのあすなろ精神では

勉強へのモチベが保てず

結果、いつまで経っても夢は夢のママ

歳だけとっていく。

そんな人が翻訳学校には溢れてると

とある翻訳者のブログで見たことがある。

 

 

翻訳者は比較的年齢制限緩そうだけど

もう私は30代。

あすなろでボケっとしてるほど

時間はないぞ。

 

 

 

それに帰国しタラ働くの

タラレバ。

これも良くない。

〇〇したら、〇〇すれば、

に思考が固定しちゃうとか

立派なタラレバ女!

 

タラレバなんて仮定法にすがりつく

現実逃避を許したら

そこから成長は望めなくなる。

 

妄想をいくら語っても

動かないことには現実は変わらない!

 


f:id:vitaminc2000:20200106104655j:image

 

 

フェローの

マスター講座は成績良ければ

アメリアのクラウン会員に推薦してもらえる制度があって

クラウン会員になれば未経験でも在宅の翻訳仕事のトライアルに挑戦できる。

 

トライアルパスすれば

海外にいても働ける!

(ビザ的には日本の会社から仕事を受けるのはオッケー)

 

 

そもそもまだマスター講座受講出来るとも決まってないけど

私自身が動かないことには

現実は何も変わらないんじゃー!

 

 

と言う訳で

ちょっとメンタル戻って来ました。

根が不真面目だから

人参ぶら下げ無いと走れないんでね。

 

たぬきの皮算用でもいいから

モチベは確保せねば(≧▽≦)

 

 

 

 

 

 

2020年の抱負とか:TQE受験

あけましておめでとうございます。

 

 

勉強ブログっぽく

今年の目標でも書いとこっかなと。

 

とりあえず、目標時間は1ヶ月45時間。

一年540時間。

 

二人目生まれるしこれだけ出来れば上々。

 

 

あと資格は

ほんやく検定を受けるつもりだったけど

これってオンラインで受験できるけど

制限時間2時間なの。

 

その間は子供を夫に見て貰わないといけない。

 

時差があるから受験は早朝から。

 

子供のどっちかが風邪でも引いたら

その時点でアウト。

家のwifi環境がないと受験出来ないから

子供を外出させられないと受験出来ないよね。

 

 

なのでほんやく検定じゃなく

翻訳実務検定TQEを受験しようと思います。

 

翻訳講座を開講してるサン・フレアが実施してる

この検定。

 

同じくオンライン受験。

 

ただし試験期間は5日間と

実際のトライアルのように数日間の猶予が与えられる。

 

なので多少のイレギュラーが発生しても

対応できるかなって。

 

試験は年4回。

子供の様子をみつつ、

6月か9月に受験したいな。

 

言語は英語、科目は金融・経済。

 

 

この試験の良いところは過去問をネットで買えるところ!

各1210円。

 

オンラインで買ってプリントアウト出来るって

海外居住者にはなんとありがたいことか!

 

近いうちに買って取り組み始めたいと思います。

 

 

【12月4週】目標未達

今週は13時間でした。

 

 

目標には遠く及ばず。

 

 

なんか途中で力尽きちゃったんだよね。

 

 

前駆陣痛の疲れ。

子供と外出時間が伸びて疲れ。

 

 

やるきスイッチオフ。

 

 

 

ああ、

フェローアカデミーのマスター講座の課題は

かろうじて提出したよ。

 

本当は最後まで粘った方が良いんだろうけど。

力尽きました。

 

勉強はまた来年から頑張ります。

それでは良いお年を。

【12月3週目】フェローアカデミー受講のための課題

○勉強時間

20時間1分

 

○内訳

英単語アプリiKnow! 5時間21分

ENGLISH JOURNAL12月号 8時間50分

English Grammar In Use  30分

マスター講座課題 4時間25分

The President Is Missing 55分

 

 

フェローアカデミーのマスター講座を受講すべく

受講のための課題に取組中。

 

マスター講座は受講するためには

まず試験にパスしないといけないんだよね。

 

細かくは書けないけど

私が受講しようとしてる経済・金融コースだと

よくビジネス記事で見かけるような内容の

翻訳。

 

翻訳って難しいね。

ただ英語を日本語に置き換えるだけじゃない。

 

日本語として読みやすい文章に仕立てないといけない。

 

これがむずいんだー。

日本語能力が試される。

 

修士論文を父に面倒見て貰って

なんとか書き上げたという

ろくでもない文章力の私には

 

めっちゃ厳しい試験Σ( ̄Д ̄;)

 

ない頭振り絞って

がんばりますー。

 

 

求人情報を眺める

ついつい時間があると見ちゃう。

求人情報。

 

私だけ?

 

 

何に需要があるのかわからないと

どんなスキル身につけたらいいのかわからないからねー。

 

 

派遣で翻訳の仕事がいいんだけど

求人を見てると大体2種類に大別される。

 

 

当たり前っちゃ当たり前だけど

一つが未経験可、もう一つが経験者求む。

 

 

未経験可だと、

時給は1750~1850円が相場。

翻訳業務だけでなく

チェッカーとかコーディネーター業務とか

事務とか

他の仕事もやりつつ翻訳もするというもの。

 

スキルとしては

基本的なOAスキルと、

英語力はTOEIC850~。

 

残業がっつりできる人だと

更に時給があがったりする。

 

 

経験者求むな求人だと

時給2000~3000円

翻訳専業。

 

求められるスキルは

翻訳経験3年以上とか

TRADOS経験者とか

金融関係勤務経験とか。

 

時給高くてびっくりする。

東京における一般事務が

1500~1650円ぐらいだから

倍近く。

スキルと経験ってすごいねー。

 

 

 

 

英語力的には応募出来るとこまで来たから

早く未経験可の求人に応募したいなー。

 

条件同じなら若ければ若いほど有利だもんね。

 

 

まあ、海外住みなので無理ですが。